Hatena::Groupemacs

Emacs/Lisp/Drill

 | 

2012-01-10

anything-css.elを作ってみたら意外に便利

21:27 | はてなブックマーク - anything-css.elを作ってみたら意外に便利 - Emacs/Lisp/Drill

anything-css.elを作ってみたら意外に便利。なんで今までなかったんだろ?

anything-css.elのできた経緯

結構前にCSSを一から自分で書く時代は終わっていて、デザイナーさんにコーディングしてもらったり、Twitter Bootstrapだったりと、CSSのコーディングルールが自分の頭の中に入っていないことが多い。なので、任意のidやclassのスタイルがどの.cssファイルに書いてあるのかというもの頭に入っていない。

で、いつもFirebugで該当.cssファイルを探していたのだけれども、ふと「これanythingでよくね?」と思って作ってみたら意外に便利だったという話。久しぶりのanything脳


GitHub - k1LoW/anything-css: Stylesheet selectors anything.el interface


プロジェクト内の.cssファイルを対象にセレクタで絞り込み検索するイメージ。

キャッシュ戦略

anything-find-project-resources.elばりにfindコマンドを利用するのだけれども、「プロジェクト内」と言えどもやっぱり重い。(ちなみにプロジェクトディレクトリの判定方法はanything-find-project-resources.elと全く同じ。)

ということで、キャッシュ戦略が必要になってくる(戦略というほどではないけども)。「一定期間キャッシュする」とか「ずっとキャッシュして任意のタイミングでコマンドでキャッシュを更新する」とか「ファイル保存時にキャッシュを更新する」とかいろいろ方法があるなか、今回はなんとなく「アイドル時間にキャッシュを更新する」形で実装してみた。デフォルトでは10秒アイドル時間がつづけばキャッシュを更新する。

最適かどうかはこれから使い続けて検討するつもり。キャッシュ更新処理を完全に別プロセスで実現できたらいいのに。


良いアイデアがあればガンガンforkしてってください。ソースを盗みにいきます。

 |